1月17日 阪神淡路大震災から25年

1月17日、阪神淡路大震災からまる25年。朝一番に、6400名をこえる犠牲者の皆さまのご冥福を琵琶湖上の水神さまにお祈りする。昼には近江八幡で「社民党滋賀県連合躍進旗開き」にご招待いただきご挨拶。特に昨年の選挙のお礼とともに今後の野党共闘への実現について抱負をのべさせていただく。夕方には「滋賀県電気工事工業組合・新年賀詞交歓会」にご招待いただき、国会議員として、知事経験を活かして少子化や災害対策について働かせていただきたいと御挨拶。

午後、後援会長の小松明美さんと、大津市役所で大津市長選挙「期日前投票」。出口調査をNHKと京都新聞が行っていました。さらにその合間をぬってイオン前でチラシ配り。通行する人たちにプラスして、車の中からも手を振ってくれる方がおられてありがたい。

夕方には「教育会館」で個人演説会。こにし候補は会場の皆さんの心をうごかす覚悟の決意表明。1ケ月でよこぞここまで!と感動です。豊田一美さんはFB上で「この人の演説には嘘が無い。それが感想です」とコメントくださっています。岡田由布紀さんは「こんなに熱い選挙演説は久しぶり。聴きながら涙がこぼれる」とやはり感想をFBで!動画を須田さんがあげてくれる予定です。

応援演説で、私は「内部職員では市役所改革などはできないだろう、と言われるかもしれないが、28年間の職員としての経験と人脈があるからこそ確実に内部の差配もできて現実的な改革もできる。私も県職員の経験が知事の仕事に大変役だった」とお伝えしました。

夜は大津京駅でご挨拶とチラシ配り。私は10時前に帰らせていただきましたが、本人さんと葛川少年自然の家ボランティア(セイカンカイ)の皆さんは真夜中まで!明日はいよいよ最後の一日。早朝、石山駅立ちからはじまります。

#社民党旗開き #電気工事工業組合年賀会 #大津市長選挙 #期日前投票 #出口調査 #阪神淡路大震災

先頭に戻る