5月26日 参議院法務委員会での質疑応答

5月26日、参議院法務委員会での質疑応答。黒川元東京高検検事長の処分問題で、二点の質問をこのFB上でお願いしました。(1) 黒川氏の処分は「訓告」とされたが、処分内容は妥当と思うか。国民として納得できるかどうか。その理由は?(2) 安倍総理の責任、森法務大臣の責任、どちらが重いか?その理由は? という二点です。本日の委員会で20分の質問時間をいただきました。前半10分をこの問題に。後半は離婚後に放置される日本の民法上の子ども救済問題。2-3日中には議事録があがりますが、エッセンスだけお知らせさせてください。(また長いです:2000文字)

本日午後1時までに(FBふたつのアドレスで)合計467名の方が判断をしめしていただき、166件のコメントやりとりがありました。すべて読ませていただきましたが、全員の皆さんに返信できず申し訳ありません。もちろん、ある社会集団を対象とした社会調査ではありませんが、意見のやりとりこそが大切思います。そこで次のようなまとめにさせていただきました。

まず一点目の「訓告」処分を妥当と言われた方はお二人しかありませんでした。残りの方は、判断をしないか、妥当ではないと思われる方です。「妥当ではない」の意見には大きなふたつの理由がありました。ひとつは、例えば2006年に鈴木宗男元衆議院議員の「外務省職員による賭博」に関する質問主意書への安倍内閣の答弁です。そこでは賭け麻雀は「刑法の賭博罪(刑法185条、最高で50万円の罰金)が成立しうるものと考えられる」とされています。同じ安倍政権で、黒川さんの場合には法的根拠なしに賭博罪に問われないとしたら大きな矛盾が生じます。

二点目は、新型コロナウイルス拡大防止のための「緊急事態宣言」で国民がみな外出や三密をさける暮らしを強いられているのに、三密の典型である麻雀を法務行政のセカンドトップがしていていいのか、とうてい納得できない、という道義的、倫理的問題でした。5月1日と5月13日の二回に加えて、今回の新聞記者仲間とは過去3年間ほど、週1-2回賭け麻雀をしていたようです。

東京新聞や共同通信の取材では「法務・検察内では、懲戒処分が相当との意見が強かったが、官邸の判断でより軽い訓告となった」と報道されていることを具体的にただしましたが、「それは間違っている」ということ。森法務大臣は「訓告」処分は、監督者である検事総長から訓告処分にするという知らせを受けて、大臣としてもこれを了承した、ということ。

二点目の安倍総理の責任、森法務大臣の責任、どちらが重いか?その理由は?と尋ねた結果ですが、「FB上での意見は圧倒的に安倍総理の責任の方が重いという意見」だったことを伝えました。元々今回の黒川検事長定年延長問題が、モリカケ問題などをかかえる安倍政権の「守護神」として内閣をまもる役割をしてきた黒川さんを検事総長にしたいというねらいから始まっていることは明確です。

特に今後は刑事罰におよぶかもしれない「桜を見る会問題」などで公職選挙法違反などを迫られるかもしれない。その恐れから、「黒川検事総長」を実現したかったのは安倍総理大臣そのものということは、国民のほとんどが見てきました。そこで森大臣に「この国の主権者は誰ですか?」と尋ねました。彼女は「国民です」とこたえました。

その主権者である国民の大多数が訓告では納得できないと思っている。同時に、最大の責任者は安倍総理であり、森法務大臣は安倍総理が私物化した政権運営の盾になっていることを国民がわかっているとも伝えました。FBの中の書き込みを紹介しました。「森大臣は安倍氏の盾になり、安倍氏は女性活躍社会と言いながら、女性大臣をいいように保身のために使う」「官僚に対して人事権をたてに忖度を強いる責任は首相にある」「森大臣はつらい立場です。心から語りかけてください」と。

そして最近4月30日に「女性議員飛躍の会」が出版した『女性議員が永田町の壁を砕く』という本について言及しました。その中に森大臣の子ども時代から今までの人生が語られております。悪質な借金業者に追い立てられ、まともに学校にも行けない、そのような時に中学校の先生や近所に住む弁護士の方に助けてもらって高校、大学へと進学し、そして最終的には消費者行政をすすめるために弁護士になられた。大変感動的な人生で、深く共感します。その章のタイトルは“人々の善意が私を育てた”というテーマでした。そのことを言及して、法務大臣として国民からの信頼を得られる法務行政を進めてください、とお伝えしました。

最後に今回の一連の問題の最高責任者である安倍総理が出席する集中審議などをしていただくよう求めて質問をおわりました。

後半はこれまで一貫して問題提起してきた離婚後の子どもの親権の問題です。

黒川前検事長処分問題 訓告処分でいいのか? 懲戒処分 賭け麻雀問題 自粛期間中の道義的

倫理的問題 黒川検事長定年延長問題

先頭に戻る